ネキシウム情報NAVI

ネキシウムという薬を知っていますか?ネキシウムは主に、胃潰瘍や逆流性食道炎によく効きます。また、ヘリコバクターやピロリ菌感染症の患者などにも効果があり、たくさんの人が服用している薬です。

バリウムの結果、ネキシウム処方と大正製薬製品

バリウム検査の結果で、逆流性食道炎、胃潰瘍、胃酸過多などの症状が見られた場合には、医療機関でネキシウムが処方されます。
この薬は、PPI、いわゆるプロトンポンプ阻害薬と呼ばれるもので、胃酸分泌を抑制する強い効果があります。
プロトポンプ阻害薬には、他にもH2ブロッカーという薬がありますが、プロトンポンプ阻害薬はH2ブロッカーに比べると強力に胃酸の分泌を抑制する作用があるので、症状の改善を早く目指せるのが特徴です。

現在では、逆流性食道炎の診断がおりた場合に、一番に選択される薬として一般的に処方されています。
しかし、ネキシウムの処方を医療機関で受けられる期間には制約があります。
そのため、その一定の制約期間が終了すると、それ以降にはH2ブロッカーに変更する必要に迫られます。

ネキシウムを中止して、H2ブロッカーに変えた後に、再び、逆流性食道炎の症状が現れてしまうということも珍しくありません。
これでは、せっかく消化器系のバリウム検査をした意味がなくなってしまうでしょう。

そんな場合には、大正製薬のプロトンポンプ阻害薬で別の製品が販売されているので、そちらを服用することで継続して逆流性食道炎を治療することが可能になります。

大正製薬で製造しているプロトンポンプ阻害薬は、複数取扱されています。

バリウムで検査をした結果、判明した逆流性食道炎の治療を継続するためにも、他の製薬会社である大正製薬のプロトポンプ阻害薬を使ってみる価値があると言えます。

大正製薬のプロトポンプ阻害薬は、3種類が販売されています。
成分の違いがあるので、症状に合うものを服用することで逆流性食道炎の改善が引き続き目指せるようになるのでお勧めです。